T.C - 01 / Teshima Furniture 手嶋保 チェア

¥151,800

"初期の椅子。ブルーナの描く家は子供から大人まで直ちに認識できる根源的なデザインであるが、同様に子供が初めて描く椅子の絵のようなシンプルなデザインを心がけた。"
− 手嶋保 −

建築家、手嶋保氏がデザインする、自身の建築設計の中から生まれた一連の家具のシリーズは、氏の設計した建物と同様、建築家ならではの吟味された寸法と、簡素でありながらどこか温かみのあるデザインが特徴です。

「ひとの住まいをつくる」という長い時間と向き合う建築家ならではの精緻な目線が、どのような時代、空間にも馴染む、普遍的な魅力を持った家具を生み出しています。

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roundrobin.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roundrobin.jp」を許可するように設定してください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※別途送料がかかります。送料を確認する

送料・配送方法について

この商品の送料・配送方法は下記のとおりです。

  • ヤマトホームコンビニエンス A-E

    ヤマトホームコンビニエンス Aランク

    送料は地域により異なります

    • 北海道

      ¥4,070

    • 東北
      青森県, 岩手県, 宮城県, 秋田県,
      山形県, 福島県

      ¥3,520

    • 関東
      茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県,
      千葉県, 東京都, 神奈川県, 山梨県

      ¥3,190

    • 信越
      新潟県, 長野県

      ¥3,190

    • 北陸
      富山県, 石川県, 福井県

      ¥3,190

    • 東海
      岐阜県, 静岡県, 愛知県, 三重県

      ¥3,190

    • 近畿
      滋賀県, 京都府, 大阪府, 兵庫県,
      奈良県, 和歌山県

      ¥3,410

    • 中国
      鳥取県, 島根県, 岡山県, 広島県, 山口県

      ¥3,630

    • 四国
      徳島県, 香川県, 愛媛県, 高知県

      ¥3,630

    • 九州
      福岡県, 佐賀県, 長崎県, 熊本県,
      大分県, 宮崎県, 鹿児島県

      ¥4,290

    • 沖縄

      ¥5,720

SPEC

Size : W462 × D422 × H680 SH393 mm
Designed by : Tamotsu Teshima / 手嶋保
Maker : ELEMENT WOOD WORKS
Material : ナラ・ホワイトオーク混 無垢 / 籐編み・笠木籐巻き / ソープフィニッシュ
Made in : 日本

手嶋保 / Tamotsu Teshima

一級建築士

1963 福岡県生まれ
1986 東和大学建設工学科卒業
1990-97 吉村順三設計事務所
1998 手嶋保 建築事務所設立

日本建築学会 作品選集2020(桜台の家)
日本建築学会 作品選集2019(三秋ホール)
日本建築学会 作品選集2018(牟礼の家)
日本建築学会 作品選集2015(川越の家)
平成26年日本建築士連合会賞・優秀賞(伊部の家)
第12回かわごえ都市景観デザイン賞 2012年(川越の家)
日本建築家協会優秀建築選2007(道灌山の家)
所属団体:社)日本建築家協会、社)日本建築学会、東京建築士会
関東学院大学 建築・環境学部非常勤講師
東京理科大学非常勤講師

著書:住宅設計詳細図集「伊部の家」 / MIAKI 三秋ホールの風景と建築

「家具 − 小さな建築」

自らの事務所を始めてからはキッチンや洗面台、照明器具やテーブルなど、その空間にあったものを作るという目的で自らデザインしている。空間に合うということは、建築の成り立ちが周辺環境と関係があるように、外側から内側へまたその逆へと連続して一体に考えられるべきものという意味である。だから各々は個別のプロジェクトから導き出されたデザインであることには違いない。一方で誰に頼まれたわけでもなく数年前から椅子のデザインを試みるようになった。当初椅子を作るということのハードルは高かったが、それらを空間の一部として導き出すという視点から私にもオリジナルを作る意義があるように思われた。

まずスケッチを始め、モデルを作る。次に原寸図を描いて、試作をつくる。この試作も本番と同じグレードで作る。だから何度もは作らない(作れない)。建築設計と同様、図面で表現し現場での口頭でのやりとりはなるべく行わない。通常、建築設計というものは建築主があってできるものなので、自分の意志が常に優先されることはないが、こうしたものづくりは自由で誰のためのものでもない。煎じつめると「小さな建築」これが私にとっての椅子作りの原点と言えるかもしれない。

こうしたモノづくりには優れた職人との存在が欠かせない。かけがえのない仕事仲間であり友人である、木工家の土田耕一さん、加藤宣之さん、工房の方々との出会い。

最後に信頼してくださり応援してくださったクライアントの方々に心から感謝申し上げる。

手嶋保

Related Items
  • MURPH - Flur stool ブラック
    ¥58,850
  • T.C - 09 / Teshima Furniture 手嶋保 アームチェア
    ¥206,800
  • T.C - 02 / Teshima Furniture 手嶋保 チェア
    ¥118,800